スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さいしょに
こんばんは、あなたの白井舞です。tafotsの名で歌を詠んでいます。
以前のブログ、1年で1000首をつくるからお引っ越しをしました。
ちなみに、1年1000首は2009年6月25日から2010年6月8日で達成しました。

つくった短歌と俳句、読んだ歌集や句集の感想などを書いておきます。

かしこ
スポンサーサイト
bnkrR vol.5 Curryにて「カレーの池地獄」
bnkrRという同人誌に短歌を載せてもらいました。

bnkrは文学フリマで毎回新刊を出している活動的な文芸同人です。
今回のbnkrR5号がいなりべちょうた編集長が監修する最後の号になります。
次回からは新生鳥井雪編集長の元に…という話はまた次の機会に。

5号のテーマは「カレー」。

「何分の電車で来るの」焦げつきをおたまのへりでたしかめている

など17首を作りました。

紙媒体に印刷されたものは見事に完売し、
現在はパブーで購入できます。
http://p.booklog.jp/book/60185/reaction

読んでいただければ幸いです。
うたのわを退会しました
先日、うたのわ(http://utanowa.net/)を退会しました。
tafotsの名で40首ほど投稿したかと思います。歌の削除を行わなかったので、私の投げた歌は詠み人知らずとして残っているでしょう。

昨日ここに投げたのは、うたのわに投稿したけれどブログに載せていなかったもの。で、おそらくはツイッターに投稿したもの。
ついったーに短歌をpostするようになって、作った短歌の管理がうまくいきません。どこに何があるか分からなくなってしまいました。まぁ、とはいえ全部ここに載せるようにすればいいだけの話なので、今後はつぶやいたあとでブログに載せて、ブログ上で推敲することにしましょう。

そもそも、全て自分の手帳にだけ書き続けていれば良いのです。
それができないから、他人の反応が見える場所に投げ続けてふぁぼだのイイネだのを貰おうとするのです。歌を作るとはもっと孤独な作業の部分があるべきではないだろうか、と思うのですが、作ったそばからどこかに載せてしまうのは困ったことです。

未発表の作品を10首だしなさいと言われたら、0から10首つくらねばならない。まぁ、誰からも言われませんけど。

今後の課題でございます。
11/28に2時間キャットファイトがありました
みんなでお題を出し合って、すべて入れた絵を2時間で書きましょうって企画。
http://catfightter.seesaa.net/

自らのダメさを痛感した…絵ぇうまくなりたい。
しかしまぁとりあえず、これも何かのご縁。
出たお題62個を1個ずつ読み込んで短歌にしていこうと思います。


仕分け人/ 友愛 / 巨大生物 / 唐辛子 / 小銭 / ゼンマイ(not植物) /
うさ耳 / カバ / / /白い生き物 / / なす /
/ / 文鳥 / 帽子 / カミソリ / マグカップ / 縫い目 /
ビーム / ハート / 和風模様 / リボン /
ヘッドフォン / 今川焼き / チェス / トロンボーン /
クリスマスツリー / twitter / 紅白帽子のゴム / 水玉 /
弁当 / ひかり / シャボン玉 / 奇跡 / 樹 / 死神 / /
サスペンダー/ 人形劇 / 棺(ひつぎ) / ハバネロ / 狛犬 / 定規 /
メガホン / 笑顔 / キャンディ / うろこ / 蛍光色 /
クラウン(ピエロ) / 赤眼 / うさぎ / モグラ叩き / 分裂 /
シーツ / 反射 / 王冠 / ツノ / / 眼鏡 / 電球 /
始めて5カ月
こんばんは。あなたのtafotsです。
「1年で1000首」を今年の6月25日に開始してから、5カ月が経ちました。

ここまで作った短歌は571首。
最初の1カ月で200首近く作っているので、確実にペースダウンです。
ついったーにはまっているという、しょーもない事情もありますが
何を詠ったものやら悩み始めているのも事実。

本当に伝えたいことって何なんだろう。
それをこういう形にして表現することに、何か意味はあるのかしら。

考え始めてしまうと、足が止まる。

もともと思いつきの遊びみたいなものなんだから、気楽に歩きたい。
とりあえず今日はそう結論付けてみます。

草々
ふぅむ

300首、約2か月で。

最初の1ヵ月で200近くつくっているのだから確実にペースダウンではある。

ここらでひとつ暴露でもしてみましょうか。



tafotsは栃木県南部に住んでいる。



では、今後は100首ごとにひとつずつ。



ちょっと消した

角川短歌のバックナンバーを3冊くらい買い求め、読む。

なんだかどうしようもなく恥ずかしくなって、最近の記事を消す。

クオリティはプライド次第と、昔ワダアルコというイラストレーターが言った。

彼女の千発勝負は300くらいまでしか追っていないけれど、1つ1つがきっちり作品だった。


「大丈夫か?」と自問する自分がいる限り、大丈夫だと応えられる。

題詠2008をひとりで走る

題詠2009を完走してから、読みのペースが格段に落ちた。さらに悪い事に、内容もべったりと思い愚痴に戻っている。これはなんとかせねばなるまい。


とりあえず何も思い浮かばないので、題詠2008のお題を1から100まで順番にやっていきます。どこに投稿するわけでもないが、競うつもりで。


さぁて、始めますか。

完走報告(tafots)

題詠blog2009の100題、すべて詠み終わりました。

五十嵐きよみ様、素晴らしい100題と発表の場を提供してくださり、ありがとうございます。

開始前はべったりと重たかった歌が、与えられた字句を詠みこむうちに実に軽くなったように思います。


所要日数は13日間。1日10首ペースを予定していた為、ややタイムオーバーです。しかし、これくらいの速さで読んでいければ1年で1000首つくれます。危惧すべきは約2週間ほとんど題詠を考えていたと言うこと。生活に支障をきたすようでは大問題です。


さて、1000首までは残り881首。軽やかに滑らかにかつ鋭く、詠んでいけるよう努めてまいります。

題詠blog2009に参加します(tafots)

題詠blog2009に参加します。

勢いをつけるために。1000首の道は結構けっこうだ。

Copyright © 許せないなら許さなくていい. all rights reserved.




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。