スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/29twitterより転載(一部編集)
過去の失恋について(たかが失恋ではあるけれど)いくつかの単語は知覚過敏みたいにしみて、しかし一時期は致命傷になるほどのダメージをもたらしたのだ。自分を経験と思考と偏執から引き剥がすために、他人を傷つけても構わないと判断してしまう自分であるから裏切られるのだと傷付き直して自己愛は

自己愛は繰り返す拒絶に耐えかねて黙す。
スポンサーサイト
いつも真剣に考えて感情や不安や思いを歌にしているのに、できあがった短歌を見るとまったくわけが分からない。
ひとつの夜を
1260が長すぎるな。今の今まで気が付かなかった。
ビールという単語を省いてみた。酒の種類は無くても良いか。無いとぼやけるかな。
身体のこと、とか、生き方など、って言い方が既にぼやけてる。ここはパッキリしてても嘘くさいような気もするが、ほかの言葉に置き換えられないかしら。ジョギングでもしないと身体が心配。不動産鑑定士を受験した友人の考えと、塾を経営している友人の考え、養護学校の先生をしている友人の考え。もうひとりの友人はあまり自分のことを話さなかった。
この、無数の小さな灯りのような記憶を、歌にしなくちゃ。私が歌にしなければ、あの夜がやがて世界から忘れ去られてしまう。私が歌にしたら、私は忘れない。
Copyright © 許せないなら許さなくていい. all rights reserved.




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。